声を若く保つ方法

声

電話や初めて会う方が年齢を感じる一つに声があります。

どんなに若々しいファッションをしていても、声に張りがなかったり、かすれた声だと疲れた印象を与えていたり、実年齢より高く見られたりするものです。

声を若くする方法として、まず声が枯れる原因を作らないことです。一番はタバコやお酒、乾燥に注意することです。

タバコを吸うと肺に影響があるだけでなく、のどにも大きく影響を与えます。お酒を飲むと体内が脱水症状を起こすと言われています。

エアコンなどの感想した空気も声を枯らす原因の一つです。乾燥させないために、うがいをしたり、水分をこまめにとることはもちろんです。合わせて保湿のために加湿器や、マスクの着用なども声を枯らさないための予防になります。

そして声の張りのある人の声を聴くと、発声の一音目や母音がしっかり発音されていることにも気が付きます。

滑舌が悪いと、やはりはつらつとした印象を与えることができません。発音するときには意識的に口を横に開くようにして、はっきりと発音すると若々しい印象を与えることもできます。

年齢を重ねると人の声のトーンは下がってくることが多いものです。

声のトーンが低いと落ち着いた印象を与えることもありますが、元気がない、覇気がないといった印象を与えることもあります。

普段から少し高めの声を出すようにしてみると若々しく感じるかもしれません。ただ、高い声は幼い印象を与えることもあるため適度に意識しましょう。

一番は相手に聞き取りやすい声を意識すると、おのずと声にも張りがでて、トーンも上がってきます。発声も印象を与える一つとして意識してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る