更年期障害との上手な付き合い方

更年期

女性が閉経を迎える前5年くらいから、閉経後5年くらいに更年期障害の症状が出る人が多いといわれています。
閉経の平均年齢は50歳といわれているので、だいたい45歳から55歳くらいが更年期障害になりやすい年齢と言えます。

更年期障害はどうして起こる?

閉経により卵巣の働きが衰え、女性ホルモン=エストロゲンの分泌が急激に減少することで起こります。

エストロゲンの分泌量が減少すると、脳は卵巣に対して、どんどん女性ホルモンを出すよう指示を出すときに、脳に不要な興奮を起こしてしまう事で、自律神経の調整がうまくいかなくなり、精神・心身ともに不調が起こりやすくなる。

どのような症状が出るのか?

代表的な症状としては、イライラ、憂うつ、頭痛、吐き気、発汗、冷え、月経不順、月経異常、不正出血、息切れ、不眠、ほてり、のぼせ、耳鳴り、疲労感、食欲不振、脱毛、動悸、頻尿などが言われていますが、更年期障害の症状や程度は人によって随分異なります。

症状がひどく出る人は、入院を伴う場合もあります。

症状を緩和させることはできるのか?

サプリメント療法

プラセンタ

病気への抵抗力を高める、自律神経/ホルモンバランスの調整をする、代謝を活発にして臓器や細胞の働きを活性にさせる、育毛、肌の質を整えるなど

大豆イソフラボン

女性ホルモンに化学構造が似ているといわれている。
生理不順、骨粗しょう症、更年期障害などに効果があります。

カルシウム

タンパク質の取り過ぎ→カルシウムの溶出を促進→ほてりの原因を軽減する。
骨粗しょう症の予防。

運動療法

精神不安の解消、食欲不振の改善に効果があります。

病院治療

サプリメントを飲んだり、適度な運動をしても更年期障害の症状が緩和されない場合は、まずは婦人科を受診することをお勧めします。

人それぞれ程度は異なるものの、更年期障害は8割の女性が経験するといわれています。

「更年期障害だから…」とふさぎ込むのではなく、出来るだけ緩和されるように、自分に合う方法を探し出し、上手にお付き合いしていくようにしましょう。
リビドーロゼ

関連記事

ページ上部へ戻る