洗濯難の観点から夏以外の季節も体臭に油断はできない

私は女性ながら、生来少し体臭が臭う体質です。

特に、汗をかいた後に放置したりするとかなり強烈になりますので、「汗対策」とともに体臭対策には気を付けています。また、同じように体臭の悩みを持つ男女の皆さんとも対策や疑問をシェアするのですが、「体臭が一番気になるのは夏?それとも以外に冬?」というのがなかなか興味深い問題ですので、取り上げてみようと思います。

体臭と一口に言っても、様々な要因がありますので、これが原因だ!と言い切ることはできません。

ただ、かなりメジャーなケースである「汗との因果関係」から体臭の気になる季節を考えてみると、少し傾向としてつかむこともできます。一般的に、夏場は普段以上に汗をかくので、その臭いが周囲に迷惑になる、というイメージがあります。

ですから夏こそ体臭のきつい季節ではないかと思いがちです。確かに、夏場の汗トラブルによる体臭の強烈さは確かにあります。が、一方で他の季節に油断ができるかというと、そうではありません。

人間の体がかく汗の量は、一日に最低で平均1リットルほどと言われています。衣類がじっとりとして「汗をかいたな」と感じることがなくても、人間の体は発汗を続けているのです。ですから、冬場に「汗をかいていないし、少しシャワーや洗濯をのばしてもいいか」と頻度を下げてしまうと、これはてきめんに臭いの元になります。

また冬場の洗濯では、夏に比べて紫外線による殺菌効率が低くなるために、臭いのもとになる雑菌が多く残る場合が多いのです。湿気の多い冬を送る地方では、乾燥させること自体が難しいため、雑菌はさらに繁殖しやすくなります。この、乾燥・殺菌のうまくいかない洗濯を経過した衣類を身に着ける事でも、体臭はさらにエスカレートしてしまうのです。

という事で、洗濯難の観点から、夏以外の季節も体臭に油断はできないのです。

衣類の洗濯は、ボディケアと並行して体臭対策で気を付けたいポイントですが、これがうまくいかないのは体臭の悩みに直結してしまいます。ついつい体そのものに注目してしまいがちですが、衣類に関する視点を少し変えることで、体臭のトラブルは大幅に改善することができます。

現在は部屋干しなどの効率をあげる商品も多く出回っていますので、うまく利用して気持ちのよい衣類を身に着けるようにしましょう。

ページ上部へ戻る