ほうれい線が気になったら保湿力が強い化粧水に変える

化粧水

40代に入った頃からアンチエイジングに対して敏感になりました。

理由はどうしても笑うと深くなりほうれい線。20代30代よりは頬が垂れてきてしまう。顔に潤いや艶が少なくなったと感じる。それが理由でした。

自分でもそのことを感じていましたが、夫からも指摘される事がありましたので、このままではいかないと思う気持が大きくなりました。

まずは自分には何が足りないのか?と分からない部分ありましたで、いつも基礎化粧品を購入している化粧品カウンターでその時の肌診断をしてもらいました。

その時に分かった事は私は乾燥があり、肌に保湿が足りていないとの事でしたので。なので保湿力が強い化粧水に変えてシートマスクも週に2度はする事にしました。

まず保湿は、お風呂上りや洗顔した後は時間を置いてしまいケアをする事がありましたが、乾燥タイプの肌の人はまだ肌は湿っているうちにケアをしないと肌の奥に化粧品が浸透しにくくなるとの事でしたので、時間を置かずにすぐに保湿ケアをするように変えました。

次にシートマスクは週に2度肌ケアをするようになりました。お風呂上りすぐにシートマスクをします。そのまま10分間放置して、その後に保湿化粧水→乳液→美容液の順番にケアをするようにしました。

シートマスクはあまり長い時間放置すると、逆に乾燥が強くなるので(マスクが乾いてしまうまでは放置しない)10分程度が理想だそうです。

このケア方法で乾燥に関してはきちんとエイジングケアを出来ていると感じました。

次はほうれい線や頬の垂れを改善です。これは化粧品だけでは改善はなかなか難しいと感じたので、美顔器を使いました。
私が使用している美顔器具はコンパクトですが、タップング効果に優れていて頬の垂れやほうれい線を改善する効果があるとのものです。

1日に3分~6分の使用でかなりほうれい線も頬の垂れも違ってきているように感じます。

これからも毎日少しずつですがエイジングケアをしたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る