赤ちゃんが便秘になってしまう理由と対処法

赤ちゃん

泣くか笑うかしかできない赤ちゃんは言葉を発することができないので、私達大人に身体の不調があってもなかなかうまく伝えられないものです。

その為赤ちゃんの身体の触ったり泣いている様子などよく観察する必要があるのです。赤ちゃんにとって便秘という状態は大人同様身体にいいものでらありません。間違ってもいつかでるだろう!とそのまま放置するようなことがないようにしましょう。

赤ちゃんの便秘というのは丸々2日間出ないだけでもう立派な便秘なのです。1日1回?最低でも2日に1回は便がでる状態が望ましいと言えます。では、赤ちゃんが便秘になってしまう理由をまず考えていきましょう。

まず一つ目に考えられるのは、母乳やミルクの不足。赤ちゃんは大人の違って母乳やミルクから栄養をとります。離乳食が始まっていたとしても、まだまだ主体は母乳やミルクなので決して飲む量を減らしたりしないようにしましょう。

母乳やミルクが不足すると便秘になりやすくなります。二つ目に考えられるのは、運動不足です。足をバタバタや寝返り、ハイハイなど足をよく使う運動をして腸に刺激を与えると便もでやすくなります。一日中泣きも動きもせずただ寝ていてばかりでは、便秘になる可能性も高くなってしまうのです。それでは、もし赤ちゃんが便秘になってしまったら…その時の対処法をお教えします。

まず便秘になったかの確認で、赤ちゃんの食欲が落ちたり機嫌を悪そうに泣いてばかりいたら便秘を疑ってください。小さな身体なので便が溜まっていると苦しかったり不快感を感じてしまうのです。

便秘対処法①、まずは母乳やミルクを飲ませ終わった直後に足の運動をさせます。さらにうつ伏せにさせたり1人すわりをマスターしているのであれば、椅子に座らせるなどして腸の動きが活発な時に刺激を与えてやるのです。

すると案外踏ん張り始めたりします。便秘対処法②、綿棒にワセリンかベビーオイルを塗って肛門から1センチほど綿棒を入れ、優しくゆっくり綿棒をクルクル回転させます。(この時に決して1センチ以上奥に挿入したり、強く掻き回したりしないでください。)すると、肛門に刺激を受けたことで力もうとする便意がでてきます。便秘対処法③マルツエキスを与える。母乳しか飲まない赤ちゃんにはほっぺたの内側にマルツエキスをつけて母乳を飲ませるとそのままマルツエキスを飲ませることができます。ミルクの場合は母乳と同じか、哺乳瓶の中でミルクに溶かしてあげてもいいでしょう。

マルツエキスは赤ちゃんでも飲める便秘に効く甘い薬なので、薬局などで手に入れることができます。赤ちゃんの便秘に悩んだ時は上記の方法を是非試してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る