シミ対策はスキンケアやインナーケアが大切

年齢が上がるほど肌に目立ってくるのがシミです。

メイクでカバーしようとするとファンデーションを厚塗りする羽目になり、肌トラブルを起こすリスクが高まります。
肌トラブルを起こすと肌全体の機能も低下してしまいますから、ますますシミが濃くなったり数が増えやすくなってしまいます。

やはりシミ対策はメイクで隠すのではなく、スキンケアやインナーケアで美白をしていくのが大切です。
今は美白化粧品もたくさんの種類がありますから、肌に合ったものを継続して使っていくようにしましょう。

また、外からの美白は化粧品に任せるとしても、体の内側からの美白も必要です。
美白化粧品の効き目は限界がありますし、美白成分が浸透できない肌の奥でメラニンが作られている可能性もあります。

そこで、インナーケアとして取り入れたいのが美白サプリメントです。
美白成分が豊富に含まれていますから、化粧品が届きにくい部分のメラニンにしっかり働きかけてくれます。
また、顔だけでなくボディの美白にも役立ちますから、手の甲や首、デコルテなどの見えやすい部分のシミに悩んでいる方にはおすすめです。

美白サプリメントに配合されている主な成分には、アスコルビン酸とL-システインがあります。
アスコルビン酸とはビタミンCのことで、食べ物や化粧品などでもおなじみで美白効果を持っています。
シミの原因となるメラニンを抑制してくれて、シミを作らせない効果に優れています。
また、メラニンを還元する作用も持っていますから、濃くなったシミを薄くする効果にも期待できます。

L-システインもビタミンCと同様で、メラニンの抑制作用があります。
肌の代謝を高める作用がありますから、ターンオーバーを活性化してくれてシミを排出しやすくしてくれます。
また、角質を柔らかく保つ作用がありますから、保湿にも役立ってくれます。

たいていの美白サプリメントにはこの2つの成分が配合されています。
配合量が多いほど美白効果も高くなりますから、美白サプリメントを選ぶ時には配合量をチェックしてみると良いでしょう。

また、肌トラブルなどを起こさないためにも、添加物が含まれているかどうかもポイントです。
安全で安心できる美白ケアを続けるためにも、できるだけ添加物が含まれていないサプリメントを選びましょう。

美白化粧品でもそうですが、美白サプリメントを飲み始めてすぐではシミが薄くなったり減ったりなどの効果はなかなか発揮されません。
肌のターンオーバーと共にシミが排出されますから、少なくとも半年くらいは様子を見るのが大切です。
正常なターンオーバーは28日周期ですが、30代40代と年齢が高くなるにつれて遅くなっていきます。
30歳で45日、40歳で60日はかかると言われていますから、年齢を重ねている方は根気良く美白サプリを続けていくのが大切です。

美白サプリメントを飲むタイミングは寝る1時間ほど前がベストです。
肌のシンデレラタイムである夜10時から深夜2時にかけては肌の回復などが行われている時間帯ですから、これに合わせて美白成分を取り入れることでシミ対策に役立ってくれます。

関連記事

ページ上部へ戻る