間違った保湿に注意!保湿には種類がある。

水分

お肌にとって保湿はとても大切です。

しかし保湿とはどんなものか正確に知っている方は案外少ないのです。
化粧水をたくさんつければ保湿は安心と言う都市伝説のような噂を信じている方ばかり。

実は保湿成分には2種類があります。その特徴について説明します。

まずは水分を挟み込むタイプの保湿成分です。
このタイプは水を挟み込んでしっかりキープする性質のもので、代表的なのがセラミドです。
細胞の間の約40%を占めている成分で、水分保持力は最強なのです。

このタイプの成分にはほかに、レシチンやスフィンゴ脂質、ステアリン酸コレステロールなどがあります。

次に水分を抱え込むタイプの保湿成分に、
ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、ヘパリン類似物質と言うものがあります。

真皮にもともとある成分ですが、
これらを塗ったからと言って真皮に吸収されることは無く、
角質の保湿に効果がある成分なのです。

これらの成分が補充されていると、
空気が乾燥して湿度が下がっても、
水分を抱え込んだままキープをしてくれるのです。

もう一種類は水分をつかむタイプ。

保湿成分は天然保湿因子、プロピレングリコール、グリセリンがあります。
天然保湿因子は角質内にある水溶性の成分で、約20種類の成分で構成されています。

保湿力が強い割にさらっとしていて、化粧水に多く使用される成分です。

保湿成分は水分のキープ方法に違いがあり、
お肌の状態や肌質に合わせて選ぶ事で効果的に保湿出来るのです。

いちご鼻 治す

関連記事

ページ上部へ戻る